-四季を感じる- らくたび京町家イベント

京町家イベント

らくたびオフィスは国の登録有形文化財に指定され、昭和初期を代表する京町家。
座敷や茶室など京情緒あふれる空間で、四季折々の行事やイベントを開催します。

2017年4月29日(土・祝) ≪和菓子・お茶付≫
◆ 20名様限定 ◆ 申し込み期限:4月27日(木)

- 京町家で感じる京の四季 ≪ 卯月 ≫ -
謡い、能面、能装束着装の体験から能楽の世界に触れる
観る、聴く、学ぶ、はじめての「能楽」ワークショップ

謡い、能面、能装束着装の体験から能楽の世界に触れる 観る、聴く、学ぶ、はじめての「能楽」ワークショップ 京の都で大成された伝統芸能「能楽」。現在、観世流シテ方として第一線で活躍する松野浩行氏を京町家にお迎えして、能楽の歴史や鑑賞ポイントなどをわかりやすく解説するとともに、謡(うたい)を一緒に体験し、能面&能装束の着装体験(数名)を行い、能楽の世界に触れていただきます。その後、演目「経正」の実演や、能楽師・松野氏×らくたび・若村の対談もお楽しみください。
参加費 一般:4700円 会員:3700円
(参加費・体験費・和菓子代など全て含みます)
集合 17時 らくたび京町家
アクセスはこちら
内容 らくたび京町家「能楽師・松野浩行氏による能楽はじめてレクチャー/
謡、能面・能装束着装体験/能楽の実演・演目「経正」/
松野氏×若村・対談タイム」
(19時頃解散予定)

2017年5/31(水)
◆ 20名様限定 ◆ 申し込み期限:5月29日(月)

- 京町家で感じる京の四季 ≪ 皐月 ≫ -
らくたび京町家・初夏の行事「夏のしつらえ替え」と
新緑の庭を眺めて京料理・二傳「鱧弁当」をいただく

らくたび京町家・初夏の行事「夏のしつらえ替え」と新緑の庭を眺めて京料理・二傳「鱧弁当」をいただく 京都の暑い夏を涼やかに過ごすことができるよう、らくたび京町家では座敷や茶室の襖を簾戸や御簾などに替える「しつらえ替え」を毎年行っています。国の登録有形文化財に指定されるらくたび京町家をじっくりウオッチングする絶好の機会です。その後、夏姿に装いを改めた大座敷において、老舗料亭の京料理・二傳の鱧弁当をいただき、初夏の味わい「鱧」を堪能してください。
参加費 会員限定:4500円(参加費不要、昼食代の実費程度をいただきます)
※受付締切日以降のキャンセルはお食事代のみ
ご負担いいいただく場合がございます。
集合 10時 らくたび京町家
アクセスはこちら
内容 10時~12時 夏のしつらえ替え(冬用と夏用の建具を入れ替え)
12時~13時 夏のしつらえに替わった座敷で京料理「 鱧弁当 」を味わう

2017年6/4(日)
◆ 30名様限定

- 京町家で感じる京の四季 ≪ 水無月 ≫ -
歴史×サイエンス 理系出身の若村講師スペシャル講演
自然科学で歴史を紐解くと、真実の歴史が見えてくる!

歴史×サイエンス 理系出身の若村講師スペシャル講演 自然科学で歴史を紐解くと、真実の歴史が見えてくる! サイエンスの目で歴史を見れば、なぜ? の疑問が次々と解明されていきます。理系出身の若村講師が、理系の頭脳で真実の歴史をわかりやすく解説します。 ● かつての「 旧暦 」は1年が13ヵ月だった? ●「 二条城 」は時計回りに3度も傾いている? ●「 知恩院 」の重さ70tの大梵鐘はどうやって作り運んだのか? ● 徳川歴代将軍の頭蓋骨を調べてみると・・・! などなど。
参加費 一般:3000円 会員:2500円
(参加費・資料代など全て含みます)
集合 14時 らくたび京町家
アクセスはこちら
内容 らくたび京町家「 歴史×サイエンス特別講演 」
(16時頃終了予定)

≪ らくたび京町家 ≫ へのアクセス

〒604-8141 京都市中京区蛸薬師通高倉西入泉正寺町333
最寄りの駅 : 阪急・烏丸駅、地下鉄・四条駅 16番出口より北へ徒歩約4分

お申し込み・お問合わせ 075-257-7321

らくたび京町家 アクセスマップ

らくたび通信2017年春(4月〜6月)号 pdfダウンロードはこちら

らくたび文庫 京都本50冊以上出版