スタッフブログ

3月16日(月)は「豆ごはんの日」。

京都ではちらりほらりと桜が咲き始めました。
スーパーに行くと目にとまるのは、春の食材コーナー。

菜の花にふきのとう、そしてえんどう豆。
どれもひとくち食べればお口の中を春の風が駆け抜ける、この時季だけのとっておきの食材たち。

3月の「おくどさんランチ会」では、そんな旬の食材の使った春ならではのメニューをいただきました。
今回の主役がこちら↓↓

お分かりいただけますでしょうか。
いずれも緑が美しい「えんどう豆」と「菜の花」のご両人です。

えんどう豆はもちろん豆ごはんに。

いい感じにお米が炊けたところに、ゆでたえんどう豆をIN!!

「み、み、みどりの真珠たちや~~~~~」
と、叫んだとか叫んでいないとか。
実は、スタッフの間で豆をいっしょに炊く派と後から混ぜる派に分かれたのですが、
今回は「みどりの真珠をつくろう」ということで後混ぜを採用。

えんどう豆をごはんとよ~~~く混ぜて…

完成です!!

豆ごはんと一緒にいただくのは、「菜の花の辛子和え」と「粕汁」。

今、「あれ?どこかで聞いた組み合わせ…」と思った皆さま、相当のらくたび通ですね。
そうです。
先月の「おくどさんランチ会」でいただいたのも「畑菜の辛子和え」と「粕汁」だったのです。
「辛子和え」と「粕汁」かぶりなのはご愛嬌!
(前回残った酒粕と辛子を大切にとっておいたのです。節約上手と呼んでください笑)

そうそう。
今回粕汁と辛子和えの具材となったおあげは、らくたび京町家紫野別邸のすぐそばにある「京豆腐 小川」さんのもの。
しっかりと厚みがあって、食べごたえ充分。
とっても美味でございました。

今回の「おくどさんランチ会」も美味しく終了。
次回4月はこれまた春の味覚「たけのこごはん」の予定です。
来月が待ち遠しいっっ!!

おまけ。
ごはんに豆を混ぜる森と、その場面を必死に撮影する若村。

らくたびは今日も平和です。

らくたび 田中麗

記事情報ARTICLE DATA

公開日 2020年3月16日
著者
らくたびスタッフ
らくたびスタッフ
ブログカテゴリー

おすすめイベント・講座

おすすめイベント・講座情報一覧へ

関連する連載

もっと見る

関連する特集

関連するスタッフブログ

もっと見る

イベントカレンダーEVENT CALENDAR

Back to top